東日本大震災からの復興・再生に全力を尽くそう! ストップ・ザ・格差社会! すべての働く者の連帯で「安心社会」を切り拓こう!
活動報告

2020.08.04

連合宮城「政策フォーラム(4者協議)」を開催!

20200804093232_photo1.jpg  5231665bytes

 連合宮城は、次期施行予定の第49回衆議院議員総選挙へ向けて、連携する協力政党と「連合宮城政策フォーラム(4者協議)」を開催し、今後の取り組みについて協議を行い、政権交代に向けて連携を強化することを確認した。
※4者・・・@連合宮城、A立憲民主党、B国民民主党、C社会民主党

1.開催日時:2020年7月29日(水)17:00〜18:00
2.開催場所:ハーネル仙台4階「青葉」
3.協議内容:第49回衆議院選挙への対応方針について
4.出 席 者:@連合宮城           会  長  小出 裕一
                         事務局長  大黒 雅弘
        A立憲民主党宮城県連合      代  表  岡本あき子 氏
        B国民民主党宮城県総支部連合会 代  表  沼沢 真也 氏
        C社会民主党宮城県連合      代  表  岸田 清実 氏

≪小出会長挨拶≫
「新型コロナ対策で、宮城県議会や仙台市議会も臨時会を設け、対策に向け真剣な議論がされている中、政権与党はこのような状況にも関わらず、自治体に全てを丸投げするがごとく、対策を取らない・国民へ説明をしない・国会を開かないという状態が続いている。今必要なのは、感染症対策に対する取り組みである。
 一方で噂されている解散総選挙だが、果たしてその時期が適当なのかは、多くの国民の疑問だと思う。しかし解散権は総理大臣の権限であるため、これまでの状況を見ると、国民の意思とは全く違う形で選挙を行うということも考えられる。連合宮城としては、これまで力を合わせてきた皆さんと協力し、この政治の変革に向け、県民の皆さんに選択肢を示していきたいと考える。
 これまでも様々な選挙において連携をしてきたが、この解散総選挙においても協力体制を継続をし、今日以降、様々な形での意思統一をお願いしたい。」と述べた。

関連資料

(C)2008 RENGO MIYAGI All rights reserved.